おまとめローンはそもそも何が優れているのか

何かと聞く機会の多くなったおまとめローンの言葉ですが、一体どういた面で優れているのか、よく分かっていない方も多いものです。

 

借り入れを一つにまとめられる、返済先が1社で済むメリットはもちろん誰もが理解をしている面ですが、おまとめローン最大のメリットは他にあります。

 

おまとめローンの利用先や条件によって変わってきますが、おまとめローンで最も優れているのは「金利」の面です。細かくばらばらに借りている状態よりも、おまとめによって1社から大きく借りた方が、金利が大きく下がるケースが多いのです。

 

単純な考えですが、50万円を2社の消費者金融から借りているとすれば、大体は17.8%~18.0%の契約金利となるでしょう。これを同じく消費者金融1社で100万円でまとめたすれば、金利は15.0%になります。

 

現在の上限金利は100万円以上では15.0%と決まっているためで、100万円を1社から契約をすれば、どんなに金利が高くても15.0%以上にはならないのです。これが、おまとめローン最大のメリットとなります。

 

 

大きな金額となればなるほどにおまとめのメリットも大きくなる

借金の総額が多いほど、おまとめをする金額が大きいほど、一本化をした際のメリットも大きくなります。50万円を4社から借りているような状況であれば、200万円を1社で借りてまとめてしまった方が、利息の総額も大きく変わってきます。

 

ただ、おまとめローンを利用する際には対応する業者に申し込みをしなければならず、対応をしていない、またはあまりおまとめに対して積極的ではないキャッシングなどに申し込みをしてしまっても、おまとめ融資は受けられない場合が多いです。

 

おまとめローンに対応しているかどうかは、ネット上の情報が参考になります。中にはおまとめローン比較をしているような情報サイトもありますので、確認をしておくと役立つでしょう。

 

おまとめローンは返済が出来ていない方には使えない

おまとめローンは決して借金の整理ではなく、あくまで返済先を1社にまとめるだけに過ぎません。

 

現状での返済が出来ない方にはおまとめローンは利用できず、返済が遅れてしまっている、滞ってしまっている、返済が苦しくて継続的に不足入金を繰り返している方には、たとえおまとめ対応のカードローンやキャッシングであるとしても、審査落ちとなります。

 

もし現状での返済が出来ておらず、借金をどうにかしたいと考えるのであれば、おまとめローンではなく借金の整理として、債務整理などを考えるべきであると言えるでしょう。

 

おまとめローンは銀行が良いとされる理由

おまとめローンを使うなら銀行が良いとされています。理由は単純なものであり、銀行の方が消費者金融よりも限度額が高く、金利が低い場合が多いためです。

 

おまとめローンは大きな金額が必要となる場合が多く、返済を楽にするためには金利を低くしなければなりませんので、銀行の借り入れが優れているとされているのです。

 

とは言っても銀行なら全てが良いわけではなく、中にはおまとめにはあまり向かない限度額が小さなカードローンもあります。それではどうにもなりませんので、人気のあるおまとめでも使えるオリックス銀行カードローンからまずはチェックをしてみると良いでしょう。